クラウドのダークサイド


ほとんどの侵害はクラウドプロバイダーが原因ではなく、組織内での不具合によるものです。

クラウドの隠れたリスクとなる設定ミス

クラウドの設定ミスは、組織にとって重大な脆弱性となります。ガートナー社の「Innovation Insight for Cloud Security Posture Management」レポートに、「クラウドサービスへの攻撃は、ほとんど顧客の設定ミス、管理ミス、および誤りです。」と記載されています。

コンプライアンス違反

アプリケーションは、複数の場所やグループに分散して導入・使用されているため、統一された保証は複雑で時間のかかるプロセスとなります。

データ漏洩

クラウドアプリケーションとサービスの設定ミスは、データ漏洩の最も一般的な原因の1つであり、企業の多くの時間とお金がかかり、顧客の信頼やビジネスを失わせます。

SoraTrust クラウドセキュリティポスチャ管理

SonaTrust はCSPM(クラウドセキュリティポスチャ管理)製品です

セキュリティポスチャの視覚化と評価を含む、マルチクラウドのアセットとサービス全体のガバナンスの自動化

クラウドの設定ミスと異常なビヘイビアの検出

セキュリティのベストプラクティスとコンプライアンスフレームワークの展開

クラウドセキュリティポスチャ管理機能

クラウド環境全体で接続されているすべてのリソースを可視化

環境を継続的に監視し、何百もの事前構築されたポリシーを使用してガバナンスを即座に実施

安全なDevOpsおよび自動化されたリスクランク付けのアラートを実現し、修復の手間を省く

継続的なコンプライアンスを維持し、クラウド環境全体でレポートを簡単に生成

ワンクリックレポート機能により、最も複雑な分散環境でも監査が容易になる

異常検出機能により、アカウントの侵害や内部の脅威を根絶

現在の脅威または過去のインシデントを調査し、根本原因を迅速に特定

SoraTrust クラウドセキュリティポスチャ管理

企業は、業界のコンプライアンス違反のリスクを最小限に抑えながら、市場のトレンドに追いつき、競争力を強化するために、自信を持って新しいクラウドテクノロジーを安全に採用できる

安全な構成

コンプライアンスと強力なセキュリティポスチャのために、クラウドリソースに対して認証、データ暗号化、インターネット接続などが適切に設定されていることを確保

セキュリティ問題対応工数の削減

生産性向上

異常なビヘイビアの検出

アクセスポリシー、リソースポリシー、アクション、ロールに対して機械学習分析を使用することで、人間や機械の異常なビヘイビアを特定および検出

重大インシデント・違反の自動優先順位付け

セキュリティリスク低減

規制順守の実現

16の異なる法律、規制、およびセキュリティ標準を元に、パブリッククラウドの展開を自動的にマッピング。業界に関係なく、コンプライアンス違反の可視性と制御性を獲得

新しいクラウドテクノロジーの安全な採用

ビジネスの俊敏性向上

簡単に使える

ステップ1:アセットと構成の調査

数分で、AWS、Azure、GCP、Microsoft 365のIaaS、PaaS、SaaSワークロード全体のアセットとその構成を調査。保存中の機密データとデータ漏洩のリスクを特定。APIを介してSoraTrustをクラウドアカウントに接続するだけで、何も展開する必要はなく、とても簡単。


ステップ2: セキュリティとコンプライアンスの可視化

主要なクラウドサービスのすべてを網羅した何千ものセキュリティポリシーに合わせたワークロード構成のセキュリティ状態、異常なビヘイビアを即座に把握。


ステップ3: リスクの優先順位付けとポリシーガバナンス

クラウドの進化に合わせて安全性とコンプライアンスを維持するために、リスクベースのスコアリングでセキュリティギャップに優先順位を付け、カスタマイズ可能なポリシーベースのガバナンスを実施。


ステップ4: 問題の修復

開発クラウドから本番クラウドまで、ライフサイクルのあらゆる場所で、問題を修復するためにステップバイステップのガイドラインで是正措置を推奨。

  • 開発経験は不要
  • クラウドセキュリティリスクを数分で検出して優先順位付け
  • 包括的なリスクの検出:不適切な構成、アイデンティティとアクセスの管理リスク、異常なビヘイビア、脆弱性など
  • 何百ものセキュリティポリシーを組み込み、AWS、AZURE、GCP、Office365をサポート
  • CIS、ISO 27001、PCI DSS、GDPR、HIPAA、CSA、SOC2などの複数のセキュリティコンプライアンスフレームワークに沿った評価と報告

より迅速な修復を実現する実用的なセキュリティインテリジェンス

SoraTrustは、高度なクエリ、警告、自動化という3つのコア機能を提供するシンプルなリソースクエリ言語を使用

  • データをクエリして、アセットをフィルタリングまたは検索
  • セキュリティ課題を検索して調査
  • コンプライアンスや標準違反、その他のセキュリティ課題を監視して警告
  • チケット起票と報告を自動化
  • 統合(DevOpsシステム、SIEMなど)に必要なAPIをサポート

ステップ1: 評価

パブリッククラウドの漏洩リスクを評価します。貴社のクラウドでSoraTrustを試用し、設定ミス、異常なビヘイビア、コンプライアンス違反などを数分間でご調査ください。

ステップ2: デモの評価

セキュリティ変革の準備状況を評価します。デモを見て、ワークロードポスチャがクラウド環境のリスクを軽減するのに、どのように役立つかをご確認ください。

ステップ3: あなたの旅のパートナー

あなたの旅のパートナーをご選択ください。弊社のチームと緊密に連携して、あなたのクラウド環境の実装計画を作成しましょう。

クラウドワークロードを安全にするジャーニーを始める

今すぐ始める